今までシステムエンジニアとして会社に所属していた方が、急に独立してフリーランスとして働くにはそれなりの覚悟が必要です。今まで待っていても仕事は会社の営業マンが持ってきてくれましたが、フリーになってからは今度は自分が営業マンにならなくてはなりません。

そのためには1から仕事先を探しているようでは、フリーになったとたんに収入が途絶えてしまうことにもなりかねません。フリーになる前には、それなりの仕事のルートを必ず確保してから独立した方が懸命です。また、その仕事のルートは確保しつつ、次のルートも見つけながらシステムの仕事もこなすシステムエンジニアと営業マンの2足のわらじを履くような器用さを持ち合わせることが重要です。

もし、それに自信が無いようでしたら、フリーを諦めるか、何人かで組んで仕事を行うようにすると仕事の回り方も容易になってきます。また、独立するからには、自分のシステムエンジニアとしての能力を問われることにもなります。常に最新の情報を得るための勉強と、自分の持っている得意分野の更なる勉強を行っていくようにしなければなりません。

そのためには専門書籍の購入や講習会への出席など、勉強のための費用と時間がかかることを覚悟しておく必要があります。また、情報収集のための付き合いや接待なども時としては必要なこともあります。人づきあいがいいという事もフリーランスとしては重要なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です